【実際に行って確かめてきた】シースリーの気になる口コミをよく見かけるけど本当なの?

脱毛サロン
(2020年6月更新)

こんにちは、Banaty(バナティ)編集長の雅です。

SNSや他の方のブログで、脱毛サロン「シースリー」の気になる口コミを見かけることがあります。

そこで、同業者がわざと悪い内容を書いている可能性もあるのでは…?と考え、今回はその口コミが本当なのか確かめるために実際に行ってきました

訪れたのはシースリー銀座店

1階が薬局のビルです。目立つ看板がなく少し迷ってしまいました。

エレベーターで4階に上がるとこのような入り口があります。

こちらのシースリー銀座店でカウンセリングを受けながら、気になる口コミが果たして本当なのかを確かめてきました!

カウンセリングの内容は、私が訪れ2018年10月時点のものです。細かい規約など変わっている可能性もあるので最新情報は確認し直してください。

シースリーの気になる口コミって例えばどんな?

冒頭で、シースリーの気になる口コミをSNSやブログで見かけることがあると記載しました。

具体的にどのような内容なのか、2件ピックアップしてみます。

どのようなプランがあるのかや料金体系などを教えてもらえる初回のカウンセリングの、威圧感がすごかったとの口コミです。

こちらは予約が全然取れないとの口コミです。予約が取れない、という同様の内容は他にも何件か見かけました。

他には、

  • 光脱毛なので医療レーザー脱毛より脱毛効果が分かるのが遅い
  • 内装がラブホテルのようでいやらしい

このような口コミ内容が見受けられました。

私はシースリーの内装について、ゴージャスで非常に魅力的に感じましたけどね。

私の感じたシースリー銀座店の評価

それでは、以上の口コミを踏まえ、実際にシースリー銀座店を訪れることによって、私が感じた項目ごとの評価をまとめていきます。

あくまでも個人の感想ですが、参考になれば幸いです。

銀座店のスタッフさんの丁寧さ、勧誘 ★☆☆

もちろんスタッフさんによるでしょうが、私のカウンセリングを担当してくださったスタッフさんは 勧誘の方法が気になるものでした。

キレイモやエピレなど他の脱毛サロンでは強い勧誘を受けたことがなかったので驚きです。

具体的に「気になる勧誘方法」を受けたのは一通り説明をしていただき終わった時のことです。

スタッフ「説明は以上ですが、なにか分からないことはありませんか?」

私「ありがとうございます。大丈夫そうです。」

私「ただ、公式サイトでは総額料金が分かりにくく、事前に具体的な相談を夫とできていません。ですので、一旦今日のカウンセリングをふまえた上で相談してから決めたいです。」

ス「今日契約をしても、8日以内にクーリングオフすればお金がかかることはありませんよ?また契約するとなると、来ていただくなくてはならないので…。」

私「でも勝手に高額な支払いはできないので、すみません(;_;)」

ス「クーリングオフすればお金がかかることはありませんよ。」

……という会話で、もう少し考えたいと何回伝えても 「クーリングオフすればお金がかかることはない」の繰り返し。

ですので、一旦契約してその日は帰り、言われた通りにすぐクーリングオフしてしまいました…。

このあと記載しますが、内装は素敵ですし、キャンセル料も予約時間の1分前までに連絡すればかからないため、良いサロンだな…と感じていただけに、このスタッフさんの対応は残念でした(;_;)

帰り際の勧誘方法以外にも、カウンセリング中に姿勢が崩れていたり…といったことが気になりました。

シースリーで脱毛を始めることになると自分で電動シェーバーを購入しないといけないのですが、その見本を見せてくださった時も、誰かの毛がびっしり付いていて嫌な気持ちになってしまいました。

ただし、もちろんシースリー全体が気になるとは言っていませんよ!

たまたま、私を担当してくださったシースリー銀座店のスタッフさんの雰囲気が私と合わなかっただけで、他の方は分かりません

素敵な脱毛サロンであることは間違いないので、勧誘が気になったことについては私自身のリアルな意見として参考になれば幸いです。

シースリーの脱毛品質保証書 ★★★

こちらは一旦契約した際にいただいた、脱毛品質保証書です。

シースリーで人気の通い放題のプランを申し込んだらいただける、「一生脱毛通い放題できますよ」という内容の保証書です。

裏面には詳しい保障内容、脱毛ができない状態(生理中や二日酔いなど)、脱毛施術後の注意点(当日は湯船につからずシャワーで済ませるなど)といったことが記されています。

せっかくなので記念に保管しています。

銀座店の内装 ★★★

シースリー銀座店の ビル自体は特別感もなく普通の建物なため不安でしたが、一歩中へ入ると事前に公式サイトで見ていたようにとても素敵な内装でした。

※内装の掲載許可がおりなかったため写真はイメージ

シースリー銀座店は黒を基調とした落ち着いた内装で、高級ホテルやラウンジを連想させられました。

今までキレイモ、エピレ、脱毛ラボ、SASALA…など何カ所か脱毛サロンを回りましたが、一番非日常感に溢れた素敵な空間です。

脱毛って安い買い物ではないですし、毛をなくす以外に「自分へのご褒美にしたい」という目的もあるのならシースリーはぴったりだと感じました。

シースリーは脱毛の施術をする空間も完全個室なのでリラックスして受けられます。

他の脱毛サロンだと、個室といってもカーテンで仕切るだけで隣の会話や周りの音が聞こえてくるところもあるので、完全個室は大きな特徴ですね。

顔脱毛をする時は化粧を落とさないといけないので、パウダールームも備わっています

脱毛完了までの早さ ★★☆

シースリーはエステ脱毛ですので、やはり医療脱毛に比べると脱毛効果が出るまでに時間がかかります。

シースリー銀座店のスタッフの方のお話しによると、 シースリーで全身ツルツルにするには18~24回が脱毛回数の目安だそうです。

光速脱毛コース(1度の来店で全身を脱毛できる、通い放題のプラン)の場合、推奨されている来店頻度が3か月に1度ですので、18~24回だときちんと3か月ごとに通ったとしても4年以上かかってしまう計算になります。

毛嚢炎になってしまった場合の対応 ★☆☆

シースリーに限らず、またエステ脱毛も医療脱毛も関係なく、脱毛期間中は毛嚢炎(もうのうえん)のリスクがあります。

毛嚢炎は肌トラブルの一種で、大きいニキビのような見た目をしています。ここに画像を載せるのは少し抵抗があるため、ピンと来ない方は自分で検索してみてください。

スタッフの方に毛嚢炎の原因を尋ねたところ、毛嚢炎は時期に関わらず、汗のムレが原因で起こるそうです。

ただ、 シースリーは医療機関ではないため脱毛中に毛嚢炎になってしまった場合でも対応ができない、とのことでした。そうすると別途自費で皮膚科に行く必要があります。

ただし、こちらに関してはシースリーの対応が微妙ということではなく、他の脱毛サロンも私が聞いた限りでは同様の対応をとっています。

医療脱毛クリニックと違い、医師が在中していないからです。

シースリーのキャンセル規定 ★★★

シースリーは、予定が変わりやすい方にはとても有り難い脱毛サロンで、他の脱毛サロンや医療脱毛クリニックに比べて、キャンセル規定が緩めです。

以下、スタッフの方に詳しく確認したキャンセル規定をまとめました(2018年10月現在)。

人気のある、回数&期間無制限の通い放題プランの場合、脱毛予約時間の1分前までに電話すればペナルティは一切発生しません

電話でなくWEB上での当日キャンセル期限はなんと1秒前です。良心的!

もし予約時間を過ぎての連絡や無断キャンセルになってしまうと1回あたり3000円払う必要があるそうです。

1分でも遅刻する際も注意が必要です。

連絡せず1分でも遅刻してしまうと、無断キャンセルのときと同様1回あたり3000円のペナルティが発生してしまうのです!

さらに要注意なのが、

15:00の予約だったが15:05に着く、という内容の遅刻の連絡をして結局着いたのが15:06。これもアウトです!(笑)

再度「15:05に着くと言いましたがもう1分かかりそうです」と連絡をしないといけません。

まとめると、 最終的に伝えた時刻より到着が遅れたら遅刻とみなされ3000円かかる、ということです(2018年10月現在)。

遅刻には厳しいですが、当日のキャンセルが予約時間の直前までペナルティなしで可能というのはかなり良心的です。

とにかく連絡さえすれば損することはないので、連絡だけ忘れずにするようにしましょう。

スタッフの方に確認したところ、もし電話が通話中で繋がらなかったという場合は、発信履歴を見せればセーフだそうです。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、脱毛サロン「シースリー」に対するSNS上の口コミと、私自身のリアルな口コミを記事にしました。

気になった方は、是非カウンセリングに行ってみてください。

勧誘が怖いという方は、シースリーなら友人と一緒にカウンセリングを受けることも可能なので、家族か友人を誘ってみましょう!

雅(みやび)

41,729 views

脱毛って高いし、時間かかるし、良い方法見つけたいな…と奮闘中の私の記録です。 「感じたことを正直に書く」がモットー! 問い合わせ先:datsumo.taik...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

プロフィール


まる

東京在住のアラサー主婦です。
脱毛って高いし、時間かかるし、良い方法見つけたいな…と奮闘中の私の記録です。
「感じたことを正直に書く」がモットー!

問い合わせ先:datsumo.taikenki@gmail.com(バナティ合同会社)