【1か月経過】脱毛ラボホームエディションの効果を写真付きで口コミ

家庭用脱毛器
(2020年8月更新)

こんにちは。Banaty(バナティ)編集長の小川です。

先日妹に脱毛ラボの家庭用脱毛器「ホームエディション」をプレゼントしました。

大手脱毛サロンである脱毛ラボの家庭用脱毛器なので、検討しているという人も多いのではないでしょうか。

たったの税抜64,980円(2020年8月現在)で全身脱毛が可能なんて非常にお得ですよね。

代替テキスト
小川

サロンやクリニックで全身脱毛すると 20~30万円前後かかります…。1本も毛が生えないようにするならさらに何十万円とかかることも!

ただ、一番気になるのは「本当に脱毛効果があるの?」というところです。

そこで今回はホームエディションを使い始めて1か月経った現状について、妹に話を聞きながら写真付きで口コミしていきます。

2020年8月現在、12,980円相当の特典が付いたお得なキャンペーン中なので気になる人は早めに検討すると良いと思います!

【写真】1か月使ったホームエディションの脱毛効果は?

私の妹がホームエディションで脱毛を始めて1か月経過しました。

部位ごとに写真で変化を見ていきます。

まず、脱毛前の太ももはこちらです。

毛穴が黒く、ポツポツ目立っていますね。

ホームエディションを1か月使い終えた現在の太ももがこちらです。

まだ劇的な変化は感じられないものの、なんとなく毛穴が目立たなくなったような気がします。

代替テキスト
小川

妹に体感を尋ねると「そういえば、毛を剃らなきゃ!と思う頻度が少し減ったような」とのことでした。

続いてひざ下の変化を見ていきます。脱毛前のひざ下はこちらです。

ひざ下も、太もも同様に脱毛前は黒いポツポツした毛穴が目立っていますね。

ホームエディションを使い始めて1か月経過した現在のひざ下はこちらです。

太ももよりも脱毛効果が表れていますね。ツルツルにはまだ程遠いですが、毛穴はだいぶ目立たなくなりました

代替テキスト
小川

少しずつですが、さっそく脱毛効果を得られて嬉しいです。

ちなみに、妹はこの1か月間でホームエディションをそれぞれこちらの回数使用したそうです。

太もも6回
ひざ下9回

現時点でひざ下のほうが脱毛効果を得られているのは、単純により多くの回数を重ねたからかもしれません。

ちなみになぜ使用回数にバラつきがあるかと言うと、気が向いた時に気が向いた部位だけ脱毛しているからです。

この「気が向いたときに…」というのは、ホームエディションの大きなメリットでもあります。簡単に補足すると、

  • 脱毛サロンと違い予約などする必要がない
  • 隙間時間で「今日はひざ下だけ」など効率的に進められる

このような意味があります。

どのようにホームエディションを使っているか

ひとくちに「ホームエディションで脱毛する」と言っても、どのくらいの頻度で使っているかや、どのくらいの出力パワーを設定しているのかによって、得られる脱毛効果に差が生じます。

私の妹の場合、ホームエディションを使っている頻度はだいたい週に2日くらいだそうです。

また、出力パワーはいつも最大であるレベル5に設定してます。

出力パワーって?
ホームエディションのような家庭用脱毛器は、肌に脱毛効果のある光を繰り返し照射することで脱毛ができます。

また、その照射する光の出力の強さ(出力パワー)をホームエディションの場合はレベル1から5までの5段階から選ぶことができます。

脱毛器の中には出力パワーを上げるにつれ、痛みや熱さを感じやすくなるものもあります。

しかしその点、ホームエディションはレベル5(最大)でもまったく痛みを感じません。私も試しにレベル5で肌に照射してみましたが、同じく無痛でした。

ただし、よく話を聞いてみると部位によって感じ方が若干変わるそうです。

Vライン
(アンダーヘア)
少し痛むのでレベル4に
下げている
スネやヒジなど
骨に近い部位
響くような感じがする

こちらの通りです。

代替テキスト
小川

あくまでも私の妹の感じ方について口コミしています。個人差がある可能性もあります。

妹の使い方まとめ
・頻度は週に2回程度
・出力パワーは最大のレベル5

どのくらい時間がかかるの?面倒じゃない?

ホームエディションは自宅で行う脱毛法のため「どのくらい時間かかるのかな?面倒くさくないかな?」と心配になる人もいるのではないでしょうか。

身体の面積や手際の良さ、出力パワーなどによって個人差が生じるでしょうが、私の妹の場合は1度に全身を脱毛すると1時間近くかかるそうです。

実際に使ってみると、ホームエディションは出力パワーのレベルを上げるにつれ照射できるスピードが遅くなります

楽天の販売ページには「全身脱毛が15分で完了」と記載がありますが、小さく注意書きのあるようにこれは 「レベル1の出力パワーで照射した場合」の目安時間です。

楽天市場より

購入を検討している人がいたら、ギャップがないよう頭に入れておいたほうが良いでしょう。

前述したように、妹の場合は全身に照射すると1回1時間近くかかるとのことなので、面倒じゃないと言ったら嘘になるそうです。

ただ、

  • テレビを観ながら
  • YouTubeを観ながら
  • ビデオ通話をしながら

このように「ながら作業」をしながら片手間にできるので、思ったほど大変ではないとの回答を得られました。

代替テキスト
小川

脱毛サロンに通うとしても全身脱毛なら1~2時間かかります。どっちにしろ脱毛には時間がかかるので、その間脱毛サロンで寝ながら過ごすのか、自宅でテレビやYouTubeを観ながら過ごすのかの違いになります。

みなさんだったら何をしながら脱毛しますか?

ホームエディションを選んだ理由

私が妹にプレゼントする家庭用脱毛器として「ホームエディションを選んだ理由」はこちらの3点です。

・脱毛ラボの製品だから
・冷却クーリング機能があるから
・コンパクトで邪魔にならないから

順に詳しく口コミしていきます。

理由①脱毛ラボの製品だから

1つ目の理由は「脱毛ラボの製品だから」です。

脱毛ラボといえば、数ある脱毛サロンの中でも大手ですよね。全国展開もしています。

藤田ニコルさんなど有名人も広告に起用していますし、なんとなく安心感や信頼感がありました。

理由②冷却クーリング機能があるから

ホームエディションを選んだ2つ目の理由は「冷却クーリング機能があるから」です。

前述したように、脱毛器の光を照射する際は、人や部位によって痛みを感じることがあり、その痛みを緩和するのに「冷やすこと」が有効になっています。

家庭用脱毛器によって、

  • 保冷剤などで別途冷やす必要があるもの
  • 照射すると同時に冷却してくれるもの

この2パターンがあるのですが、ホームエディションは後者に当てはまります。

黄色で囲んだ所に説明のある通り、脱毛効果のある光を照射しつつ、同時に肌を冷却しクールダウンしてくれるため、保冷剤などで別途肌を冷やす手間がいりません。

代替テキスト
小川

「冷却クーリング機能、手際よく照射できるから便利だよ!」と妹は喜んでいます。

理由③コンパクトで邪魔にならないから

ホームエディションを選んだ3つ目の理由は「コンパクトで邪魔にならないから」です。

ホームエディションが届いた時はキャンペーンのおまけ商品などが大量に入っており「大きい!邪魔そう!」と思いましたが(写真参照)、

いざ本体を取り出してみると、手にすっぽりおさまる程度の大きさしかありません。

これなら引き出しの中にもしまえます。

保管するのにまったく場所をとらないため、家族にも迷惑をかけることがないでしょう。

代替テキスト
小川

保護者の方と住んでいる人も、ホームエディションなら「邪魔!」とは言われないはずです(笑)

買う前に知っておくべきホームエディションの注意点を口コミ

ホームエディションを使っている妹に尋ねた「買う前に知っておくべきだろうなと思う注意点」はこちらです。

・背面は自分でできない
・1回使っただけではツルツルにならない

順に補足していきます。

背面は自分ではできない

1つ目の注意点は「うなじや、背中など背面は自分で脱毛できない」ということです。

当たり前ですが、ホームエディションの光を照射した箇所の毛しか脱毛することはできません

代替テキスト
小川

うなじや背中に自力で使用するのは難しいですね…。

家族や友人に手伝ってもらえば解決するので、背面にもホームエディションを使いたい人は誰かに頼んでみると良いでしょう。

1回使っただけでツルツルにはならない

2つ目の注意点は「1回使っただけではツルツルにはならない」ことです。

この記事の冒頭にまとめたように、妹の場合、1か月使い終えた時点でもまだ普通に毛が生えてきます。

「どうしても来月までに、ツルツルの無毛な状態になっていないといけない…」といったことであれば、ワックス等で一時的な除毛を行うほうが合っています。

代替テキスト
小川

家庭用脱毛器でなく脱毛サロンに通うとしても、ツルツルになるには一般的に18回程度の回数が必要と言われています。脱毛には時間がかかるものなんです。

ホームエディションを使い続けて感じたこと

最後に、妹が「ホームエディションを1か月以上使い続けて感じたこと」を口コミしておきます。

・移動時間がないので楽
・自分のタイミングでできる
・隙間時間でコツコツ進めることもできる
・デリケートゾーンの脱毛が恥ずかしくない

彼女は脱毛サロンに通っていたこともあるので、それと比べて考えるとこのようなメリットを感じたそうです。

こちらも順に補足します。

移動時間がないので楽

1つ目は「移動時間がないので楽」なことです。

自宅でできるため余計な移動時間や交通費が発生しません。

ホームエディションなら、脱毛が終わったらそのままベッドにダイブすることも可能です!

自分のタイミングでできる

2つ目に感じたことは「自分のタイミングでできる」ということです。

ホームエディションなら、脱毛サロンのように事前に予約する必要がないので好きなタイミングで脱毛できます。

脱毛サロンに通っている場合、直前に予約をキャンセルすると、回数が消化されたりキャンセル料が発生してしまうことがほとんどです。

代替テキスト
小川

回数消化とはその日の脱毛を予定通り施術したとみなされる、ということです。つまり脱毛1回分のお金がムダになるということです。

その点、ホームエディションなら、

「今日は疲れたな」
「雨がひどいから面倒だな」

このような気分になっても気楽に先延ばしにできます。

隙間時間でコツコツ進めることもできる

私の妹はホームエディションで全身を脱毛するのに「1時間近く毎回かかっている」と前述しました。

しかし、1度に全身を脱毛する必要は全然ありません。ホームエディションなら隙間時間でコツコツ進めることも可能です。

例えば「5分時間ができたから、右腕だけさっと脱毛しちゃおう…」といったことができるワケです。

仕事や部活で忙しい人、育児で先の予定が組めない人など、時間を効率的に使いたい人にとっては非常に便利ではないでしょうか。

VIOの脱毛が恥ずかしくない

ホームエディションを使うなかで妹が感じた4つ目のことは「VIOの脱毛が恥ずかしくない」ことです。

代替テキスト
小川

VIOは、デリケートゾーンやアンダーヘアの毛のことです。

脱毛サロンに通うとすると、脱毛部位を担当スタッフに見せなけばなりません。

もちろんVIOもです。下着なんて脱ぎますよ!

その点、ホームエディションなら他人に見せる必要がありません。

「他人にVIOを見られるのが抵抗ある…」という人は、脱毛サロンよりホームエディションのほうが合います。

妹が「ホームエディションを1か月以上使い続けて感じたこと」の4つについては以上です。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、脱毛ラボの家庭用脱毛器「ホームエディション」を使い始めて1か月経過した現在の脱毛効果についてを中心に口コミしました。

背面は自分で脱毛できない、1回使っただけではツルツルになれないといった注意点もありますが、時間を効率的に使えたり、自分のタイミングで脱毛できるという魅力的なメリットがあります。


ホームエディション関連記事↓

ホームエディションを3回使い終えた時点での口コミはこちら

ホームエディションの使い方レビュー

他の家庭用脱毛器(ケノン)も買って試しています↓

家庭用脱毛器ケノン買ってみた!使い方やメリット、デメリット

家庭用脱毛器ケノンとサロン、クリニックを比較してみた

小川

36,464 views

脱毛って高いし、時間かかるし、良い方法見つけたいな…と奮闘中の私の記録です。 「感じたことを正直に書く」がモットー! 問い合わせ先:datsumo.taik...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

プロフィール


まる

東京在住のアラサー主婦です。
脱毛って高いし、時間かかるし、良い方法見つけたいな…と奮闘中の私の記録です。
「感じたことを正直に書く」がモットー!

問い合わせ先:datsumo.taikenki@gmail.com(バナティ合同会社)